インフォメーション

2020-08-13 10:08:00

大鳥川と大鳥池 おおとりかわとおおとりいけ

庄内郡大鳥川

-------------------------------------------

大鳥川は朝日連峰の中にある以東岳の麓、大鳥池を源とするものです。大鳥池は大烏川の上流が、山崩れによってせきとめられて出来たもので、海抜九六三メートル、丁度白鷹山の頂上よりひくめのところにあります。池の周りは、およそ四キロ、以東岳から流れる雪解けの冷い水に、岩魚が無数に住んでおります。大鳥池にはタキタロウという珍らしい魚が棲んでいるといわれ、村人や登山者が大きな魚が泳いでいるのを見たという人がおりますが、まだ捕えた人はなく、幻の魚”タキタロウ”として話題となりました。昭和五十九年と六十年の二回にわたり、捕獲作戦を試みましたが結果は不成功でした。一説ではタキタロウは、イワナのお化けのようで、北海道の支笏湖と大鳥池にいるということです。