インフォメーション

2020-08-13 10:42:00

名木沢 なぎさわ

花沢市

---------------------------------------

名木沢から毒沢、堀の内とかけて、猿羽根山を中心にした一帯は、亜炭の産出が多かったところです。名木沢は、最上川にそった集落として、昔は戸沢藩の関所がおかれたところです。また将軍家直領のお船改め所があり、戸沢藩の船方番所は堀の内にあったといわれます。船が来ると役人は、伝馬船を出して川の中で検問しましたが、その時検問通過料として「口入判、筆、墨料」という藩の規定で、男一人一五文、女三○文、小豆、大豆など雑穀一俵につき、一八文おさめさせたそうです。