インフォメーション

2020-08-14 14:49:00

大鳥居 おおとりい

鶴岡市

-------------------------------------------------

高さ二○・一メートル、巾一四・四、真中の柱は、大人が六人でやっと手がまわる程の太い柱です。鳥居というのは昔、神様にお供えした鶏の止り木という意味で、それが時代と共にだんだん変り、黒木鳥居とか、島木鳥居等といろいろな鳥居が出来ました。正面の鳥居は両部鳥居、又は四脚鳥居ともいわれるものです。真中の柱の両側に出ている柱は、稚児柱といって、神仏両方をお祀りした社にだけある鳥居です。これは昭和四年、山形市の吉岡鉄太郎が寄贈した、鉄筋コンクリートの鳥居です。