インフォメーション

2020-08-14 15:22:00

塩俵岩・天然記念物 しおたわらいわ・てんねんきねんぶつ

鶴岡市温海

0235-43-4617

---------------------------------------------------------

何万とも数知れぬ塩俵を、きれいに積み重ねたようにたっております。これは長年の間海水浸蝕によって出来上った玄武岩の珍らしい現象で、柱状節理といいますが、丁度塩俵をつみかさねたように見えますので、塩俵岩と呼ばれ、昭和二年に名勝地に指定されております。昭和三十一年に天然記念物に指定されており、高さは五十一米です。頂上にみえている木の中に、バラ科に属する「マルバシャリンバイ」といわれる木があります。この岩が、この植物の北限地だそうです。又、立岩の中腹、両側には四坪ほどの池があって、日照りの時は、雨乞をしたところです。部落の若者、二、三○人が立岩に祀る神社でお祈りし、次に男も女も一緒になって、池の水を汲み始めます。池に水がなくなると、必ず雨が降ると信じられていたそうです。この風習は、今は全然行われませんが、四十年以上前までは盛んに行われたと伝えています。