インフォメーション

2020-08-14 15:28:00

注連寺 ちゅうれんじ

鶴岡市大網中台92−1

0235-54-6536

------------------------------------------------

湯殿山真言四力寺の一つ注連寺です。注連寺も弘法大師の開基と伝えられ、ここにも鉄門海上人の即身仏が安置されております。鉄門海上人は俗名を砂田鉄といい、寛延元年(一七四八)に生まれ、鶴岡市大宝寺に住む砂利とり人夫でしたが、酒井藩の川番人と水の事から口論となり、二人の役人を殺してしまったのです。追手を逃がれ、注連寺に入り、仏門に帰依する身となったのです。仙人沢にこもって行をかさね、諸国をまわって寺を建てたり、港をひらいたりと、世のため人のためにつくし、六十三歳で酒田海向寺で入定し、即身仏となりのちに、注連寺に安置されました。大日坊も注連寺も、昔湯殿山が女人禁制の山であったため、女性はここまでしか登れず、この寺からはるか湯殿山を拝んだといいます。また、注連寺は故森敦の小説、”月山”ゆかりの寺です。