インフォメーション

2020-08-14 22:37:00

柴苑寺跡・南谷別院 じおんじあと

鶴岡市羽黒町

---------------------------------------------

建坪約七○○坪、柴苑寺というお寺がたっていた跡です。寛文時代(一六六一~一六七二)に五十代の別当、天宥が建てた寺院ですが、明治維新後取りこわされました。南谷は、寛文二年(一六六二)天宥法印が建てた、別当寺の別院跡で、当時は坊舎として人目を引きましたが、今は一部の礎石が残されているだけです。しかし院をめぐって池を作った庭園は、周囲の自然を巧に取り入れて、名園の面影を今に伝えています。「ありがたや 雪をかおらす 南谷」芭蕉の句があります。