インフォメーション

2020-08-14 22:45:00

油こぼしの坂 あぶらこぼしのさか

鶴岡市羽黒町手向字羽黒山

--------------------------------------------

羽黒の参道(随神門から登る杉並木の参道)の石段は、二、四四六段あり一の坂、二の坂、三の坂の三つに分れております。この二の坂は、昔、武蔵坊弁慶が、神社に納める油をもって、坂を上る途中及足もとが狂って大切な油をこぽしてしまった、という言い伝えから、「油こぼしの坂」と呼ばれております。この坂の石段には、サカズキ、トックリ、ヒョウタン等、色々なものがほってありますが、これを三三以上探しあてた人には、どん願い事でもかなえられると言われております。約二キロの参道の両側は、とても見事な杉並木です。この並木は、特別天然記念物に指定され、樹令も一○○○年といわれる爺杉をはじめ、三○○年から五○○年たった杉が、約五八○本も並んでおります。