インフォメーション

2020-08-15 10:32:00

萩野戸 はぎのと

天童市上荻野戸

---------------------------------------

昔、慈覚大師が山寺を開いた時、お供の弟子達が開いた村と伝えられます。大師が仏像を背負った弟子とともにこの辺りに休まれ、美しい土地に心ひかれ、六人の弟子をえらび、村を造るよう命じました。六人の弟子は、六つの権現を祀り、集落の基を築きました。今でも毎年十一月十五日には立石寺の住職をよんで、「大根、大根」と唱えるお祭りが行われております。これは年に一度、弟子六人の畠から採れた大根や野菜を煮て、村人にふるまいながら、慈覚大師の教えを聞いた事に始まったといわれます。