インフォメーション

2020-08-15 11:32:00

縄文の森(長者屋敷遺跡) じょうもんのもり

長井市草岡2768-1

-------------------------------------------

朝日山麓の東にはり出した台地上に、長者屋敷遺跡があります。昭和五十二年から五十六年(一九七七〜八一)にかけての発掘調査で、ここが旧石器時代から縄文時代、さらに弥生時代に至る古代人が生活をしていたところと判明いたしました。現在この一帯は、縄文時代をテーマに「縄文の森」・古代の丘公園として整備されています。園内には、復元された十棟の堅穴式住居のうち、六棟は宿泊体験ができるような設備があります。また、土偶広場は日本各地から出土した珍らしい土偶を模造した十五体の巨大な像が立ち並んでいます。公園の中央にある古代の丘資料館は、市内の各地から出土した縄文土器、資料、文献などが展示されています。