インフォメーション

2020-08-15 21:08:00

大谷地について おおやちについて

南陽市椚塚

----------------------------------------

大昔のこと、置賜(おきたま)盆地は大きな湖だったと言われます。その名残りが白竜湖で、この辺りから高畠にかけての水田は、大谷地と呼ばれてうっかり田圃に入りますと、ずぶずぶ胸の辺りまで埋まる底無し田圃でした。田植えの時は「田下駄」と呼ばれる箱のような下駄をはき、秋の取り入れは「田舟」という舟に乗って作業を行ないました。それは、田圃の下に白竜湖につながる大きな湿地帯が横たわっているからと言われます。只今は、長い研究によって改良工事も進み、今日のような水田になりました。