インフォメーション

2020-08-15 21:16:00

薬師寺 やくしじ

南陽市二色根19

0238-43-3055

-----------------------------------------

南陽市二色根にある天台宗の薬師寺は、烏帽山公園の北にあって、平安時代のはじめの天安二年(八五八)、慈覚大師円仁の創建と伝えられている古刹です。ここには、青色と赤色をした天然石の秘仏薬師如来を赤湯温泉の湯の神として祀っています。本尊の前仏の薬師如来坐像は、衣文の様子に藤原様式がみられる寄木造で、鎌倉時代に造られたと推定されています。また、室町時代後期の弘治二年(一五五六)に奉納された、蒔絵絵馬があることでも知られ、どちらも県の重要文化財に指定されています。この二色根には二色根古墳があって、昭和八年の調査で、石室のなかか人骨・須恵器・鉄ぞくなどのほか、和銅開珠も出土しています。