インフォメーション

2020-08-16 17:12:00

手ノ子 てのこ

西置賜郡飯豊町大字手ノ子

-----------------------------------------------

手ノ子は昭和四十一年に米坂線が開通するまでは、越後街道の宿場町として大いに栄えたところです。地名の由来も、宿場町に多かった荷負い人夫(手ご)から、「手ごの町」となり現在の「手ノ子」になったといわれています。現在は飯豊登山口として知られています。