インフォメーション

2020-08-16 17:14:00

米坂線萩生駅周辺 よねさかさんはぎゅうえきしゅうへん

西置賜郡飯豊町大字萩生

------------------------------------------

萩生駅の北西へ三kmのところにあるのが、八○○年の歴史を誇る天養寺観音堂です。五間四面の宝形造りで、白鷹町の国の重要文化財深山観音と並んで、県下ではもっとも古いとされています。(創建は古いが昭和二十二年に焼失したため、その由来などはわからなくなっています。焼け残った観音堂に承応三年の銘がみられます。)駅前から西へ一kmほどのところにあるのが萩生城跡で、伊達家の家臣、国分政信の居城したところです。政信は建武三年(一三三六)、信州で小笠原氏と戦って敗れ、東北地方に落ちのびてきたところを伊達家に救われました。政信は子の資信と二代にわたって城を築きました。西山山麓に広がるのは”どんでん平ゆり園”で、ヒメサユリ、テッポウユリなど、四十八種八万株のユリが栽培されています。花のシーズソは六月中旬から七月中旬で、オレンジ、ピンク、純白、黄色など色とりどりの花を付け、園内では、ゆりまつりが催されます。近くにはどんでん平スキー場もあります。