インフォメーション

2020-08-16 21:45:00

玉川ぞいの温泉 たまがわぞいのおんせん

西置賜郡小国町小玉川

------------------------------------------------

古くから胃腸の湯として知られ、療養むきの温泉が泡ノ湯温泉です。湯の中に多量に含む炭酸ガスが胃腸病や神経痛に効能があるそうで、泉質は含プロム炭酸土類鉄泉で、温度は三十七〜三十九度です。小玉川湯沢地区にある飯豊温泉は、玉川上流の湯ノ沢渓谷に湧き出しており、八○○年の歴史を持つ山中の名湯といわれています。一・五km下流にある飯豊山荘まで引き湯をして利用され、泉質は放射能泉、温度は五十一〜五十二度、胃腸病や神経痛に効きめがあります。