インフォメーション

2020-08-16 21:59:00

深山和紙 みやまわし

西置賜郡白鷹町深山

0238-85-3426

---------------------------------------------------

深山地区に伝わる深山和紙は、藩政時代以来の手漉き和紙で、約四○○年前から作られている楮(こうぞ)和紙で、薄黄色の色合いと柔らかな手ざわりに特徴があります。江戸時代初期には、周辺の鮎貝、箕和田、高岡地区でも、藩の御用紙を生産していましたが、明治以後は深山地区だけが伝統を受けついでいます。現在は産業としての製紙はすたれてしまいましたが、伝統工芸として、書道用、版画用、高級本の表装用、袋物、財布、名刺入れなどに利用されています。