インフォメーション

2020-08-16 22:00:00

深山観音堂(観音寺観音堂) みやまかんのんどう

西置賜郡白鷹町深山3092

0238-85-3063

-------------------------------------------------

地元では深山観音の名で親しまれているのが観音寺観音堂です。平安時代の作風を残した観音堂は、室町時代の建築とみられ、国指定の重要文化財に指定されております。堂内には膝から下が焼けてはいますが、高さ三メートルの大きな本尊、千手観音立像が祀られています。観音寺観音堂の寺の歴史は明らかではありませんが、山中の美しい堂は平泉文化を伝える、貴重な建物として知られています。深い木々におおわれた山中の、一○八段の石段を上ったところに山門があり、観音堂までは石畳が続きます。観音堂は方三問、単層の宝形造り茅葺屋根で、元は阿弥陀堂として建てられたものですが、現在の千手観音を安置してから観音堂とよばれるようになりました。