インフォメーション

2020-08-17 09:16:00

義民高梨利右衛門の酬恩碑 ぎみんたかなしりうえもんのしゅうおんひ

東置賜郡高畠町二井宿上宿2750

0238-52-1111

------------------------------------------------

二井宿小学校の校庭には義民としてうやまわれている高梨利右衛門の酬恩碑が建てられています。江戸時代、屋代郷三万七千石は、徳川直轄の支配を受けていましたが、上杉藩の統治に組み入れられるのを拒んで、屋代郷三十五ヶ村の代表達は評定岩に集まり、幕府に直訴の相談をし、その役を高梨利右衛門が引き受けたのです。直訴によって、屋代郷の人達の望みはかなえられましたが、直訴は天下のご法度、利右衛門は元禄元年(一六八八)十二月三日、大滝川の上流ではりつけの刑に処せられました。土地の人々は利右衛門の功績をたたえて酬恩碑をたてましたが、天下の罪人との理由で、幕府からとりこわしを命ぜられ、明治時代にようやく再建されました。また、利右衛門を供養する碑は、亀岡や処刑された場所近くの一の坂にも建てられています。