インフォメーション

2020-08-17 11:33:00

楯岡 たておか

村山市楯岡

------------------------------------------------

昔から、ここ村山市は北村山郡の中心として開け、米や、まゆ、そして草履表などの集散地として、栄えてきましたが、平安時代には、平泉の藤原氏の勢力下にあり、鎌倉に入ってからは、前森氏が築城したと伝えられております。その後、今から六○○年以上前には最上満直(斯波兼頼の長男)の四男、伊予守満国が山に城を築き、楯岡殿と呼ばれました。それから、最上義光の弟、楯岡甲斐守光直が一万六千石の大名として、楯山に城を築き、最上家の改易と運命を共にして以来、大名は居城致しませんでした。