インフォメーション

2020-08-17 14:13:00

金山町 かなやままち

最上郡金山町

-------------------------------------------------

ここに初めて村が開かれたのは天正年間(一五七三~九一)のことです。山形の殿様、最上義光の家老丹与惣左衛門がこの地に山城を築き、羽州街道の宿場町として栄えていました。金山川のそばには楯山城跡(山形県最上郡金山町内町)があり、本丸跡と思われる二段の広場が残されています。宿場町として栄えていた金山は、またスギの主産地としても知られています。湿気と雨がスギの成長には良いようで、里に近い山々は手入れのゆきとどいた美しいスギ林でおおわれています。