インフォメーション

2021-03-03 10:39:00

鮫ケ尾城跡 さめがおじょうせき

新潟県妙高市大字宮内

-------------------------------------------------------------------

標高一八三メートルのところにある城山が、鮫ガ尾城の跡です。

この城は、上杉謙信が春日山城の支城として築き、信越方面を警備する重要な場所でした。

天正六年(一五七八・室町末期)の三月、上杉謙信が四十九歳で死去すると、養子の景虎と景勝が家督をあらそった”御館の乱”がおこりました。

翌年三月、敗北した景虎は実家の北条氏をたよって関東へ脱出しようとして、ここ鮫ガ尾城に立ちよりました。

しかし城主堀江宗親の裏切にあって、三月二十四日、ここで自刃しました。

今なお残る土塁や空堀腰曲輪などで、かつての戦国の要害のようすを知ることができます。